マンガで分かる心療内科・精神科・カウンセリング~第十六回 「心のEDを改善する方法」

マンガで分かる心療内科・精神科・カウンセリング

第十六回 「心のEDを改善する方法」

 

制作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・ ハイヒールフェチ…Y

現在「ヤングキング」という雑誌にて連載しております。もし興味ありましたら。

<補足>

ちなみに二次元・三次元というのは、「イラスト」「実写」と言い換えていただければ幸いです。
「パソコンに移せば何でも二次元」とかの話ではありませんのでご注意下さい。

いずれにしても二次元の否定をする二次元マンガとかではないので誤解なきようお願いいたします。

ちなみに自分は、綺麗なお姉さんの写真も好きですし、綺麗なお姉さんの絵も好きです。この「三次元も二次元もアリ」な自分を、自分では「人間として幅広い」と思っていたんですが、ある女医さんに、「総合的に見て狭い」と言われました。切なかったです。

いずれにしても、今回のメインは「精神面のEDが増えている」ということです。

この原因ですが、「うつの原因が一つだけで決まらない」のと同じように、それこそストレスや経験など、さまざまな要因が考えられます。

「あのときのあの原因がトラウマになってEDになった」
「自分のこういう生活が原因でEDに」

と訴える方は多いのですが、何か一つだけを原因としてメンタルの病気になることはほとんどありません。

ただ、人は一つの原因を理由にし、安心したがるもの。その思考はある意味、自然です。
しかしそれにとらわれすぎていては、ただ過去の自分を責めるだけで終わり、解決からどんどん遠くなります。

その思考から離れて、「原因はいいから、とりあえず解決策を考えていこう」と思っていくことが何より大切です。

自分でもEDの話からこんなマジメな結論になることがビックリしつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。